• 昔、桃太郎が

    鬼退治にきた

    鬼ヶ島

     

    鬼ヶ島は

    瀬戸内海に

    存在した

     

    何と、そこは

    大自然あふれる

    癒しの島だった

  • 鬼ヶ島の観光スポット

     高松の沖合約4Kmに浮かぶ島、女木島。
    フェリーに乗ってわずか20分で高松の街からは想像もできないような静かで穏やかな島へ。
     
    街から島までこんなに気軽に行けるところは、世界中探してもなかなかありません。
    ここには信号機もなく、波や風や鳥の声だけが聞こえてきます。
     
    最近では、関東からのリピーターも多く、都会から少しだけ離れたプチリゾート地としても注目されています。
     美しい海と手つかずの大自然、そしてロマン溢れるおとぎの世界をごゆっくりお楽しみください。

    恋人岬の写真

    恋人岬

    恋人岬の写真を見る

     

    女木海水浴場(弓ヶ浜)のきれいな曲線を歩いて行くと、その真ん中に上から見ると鬼の角のような形をした石の突堤広場があります。

     

    ここが通称「恋人岬」と呼ばれています。

     

    この恋人岬は先端まで歩いて行くことができ、先端から女木島全体が見渡せ、瀬戸内海と屋島をゆっくり堪能できます。

    ちょうど腰を下ろせる岩やごろんと横になれる平らな岩もあり、女木島と瀬戸内海に耳をかたむけ是非ゆっくりしに訪れてみてください




     

    鷲ヶ峰大展望台

    大洞窟の15m上にある標高188mの鷲ヶ峰山頂に展望台はあります。

    頂上まで行くと360度の瀬戸内海が見渡すことができ、このようなロケーションは女木島にしかありません。

    洞窟まで行って展望台に行かずそのまま降りてきてしまう方もおりますが、非常にもったいないです。是非、展望台まで登り、女木島山頂から見える周りの島々や行き交う船、瀬戸内の絶景を堪能してみてください。

    鬼ヶ島大洞窟

    紀元前100年頃に手で掘られたといわれる長さ400m、面積4000㎡の大規模な洞窟です。

    香川の桃太郎のモデルは、吉備の国の「稚武彦命(わかたけひこのみこと)」。讃岐の国の住民が鬼(海賊)の出没で苦しんでいるのを知り、備前の犬島(岡山県)、陶の猿王(香川・綾南町)、雉ヶ谷(香川・鬼無町)に住む勇士を連れ鬼退治をしたと伝えられています。そして、鬼が住んでいたとされるのがここ女木島です。

    洞窟内はひんやりとしてたくさんの鬼たちが出迎えてくれます。大洞窟のガイドもおりますので面白く、そして詳しく洞窟の説明を聞きながら周ることもできます。

    ちなみに犬のみ同伴OKです。

     

    入洞料:500円/人

     

    鬼ヶ島観光協会HP

    おにの灯台

    おにの灯台はフェリーが発着する女木港にあります。フェリーから必ず見える位置にありますのでお見逃しなく。

    大きな鬼と金棒が灯台になっており身長約2メートル、体重約9トン、全国でも唯一白い御影石でできています。

    海上安全を見守り、観光客を温かく出迎えてくれています。

    オーテ

    女木島は、冬になると島の人たちが「オトシ」と呼んでいる北西の季節風が女木島山頂にあたり、方向を変えて吹きおろしてきます。海沿いの家は波しぶきや霧状になった海水が舞い、家の中まではいってきてしまいます。その為、家が隠れるほどの高さ3~4m、長さ15~20mの防風石垣を築いています。

    積石には女木島の安山岩、玄武岩、直島・庵治の花崗岩が使用されています。

     

    この独特な今も残る島の景観は、島の特色ある文化景観、民俗資料としてとても貴重なものでもあります。

    俵石

    字中戸の山の中腹にある周囲約10mの俵状の巨石。この辺りを通ると、糸を紡ぐような音や琴を弾く音がどこからともなく聞こえてくるといわれています。いつの頃からか、この石にはお姫様の霊が宿っているといわれ、琴姫大明神として祀られています。また、この山の木を無断で切ると祟りがあるといわれており、木を切るときは必ずこの俵石に「おことわり」をしてから切ることになっています。

    女木島の桜

    女木島には、約2000本の桜(ソメイヨシノ、山桜、八重桜)が植えられており、春になると香川県の花見の名所としてたくさんの方が訪れています。

     

    洞窟までの道や、展望台周辺には桜の木がたくさんあり、展望台の周りには椅子や机が設置されていますのでゆっくり、お花見を楽しめるスポットです。

     

    3月の末から4月の上旬が見ごろです。

     

    春には野花もたくさん咲いていますので、ウグイスの鳴き声を聞きながら女木島散策に是非お越しください。

    モアイ像

    モアイ像とは、南米チリ領のイースター島に点在し、そこに住んでいた先住民が祭祀のため、先祖守護神として作ったなど諸説がありますが、いまだ謎に包まれている石像です。

     

    女木島にはおにの館のすぐ北側に1体のモアイが女木島の集落を見守るように立っています。

     

    なぜこのモアイが女木島にあるかというと、高松市内の大手クレーンメーカーの「タダノ」が、イースター島の倒れたモアイを立てらす修復プロジェクトを立ち上げ、プロジェクトに行く前に研究用につくった模刻像であり、プロジェクト完了後、高松市に寄贈され、ここ女木島に設置されました。

     

    高さ3.9m、重さ10.8トン、石材もイースター島にある本物と同じ凝灰岩でつくられています。

    女木海水浴場

    フェリーを降りた港から徒歩5分のところに女木島海水浴場はあります。

    ビーチの砂浜はきれいに整備されており、景観もよく柔らかい白砂になっています。

    環境省の「快水浴場百選」にも選ばれており、夏にはたくさんの方が訪れます。

     

    快水浴場百選の各項目の評価

    ・美しい水辺 ★★★★

    ・清らかな水辺  ★★★

    ・安らげる水辺  ★★★★★

    ・豊かな水辺   ★

     

    沖縄の海の色まではいきませんが、女木島の海の透明度にみなさん驚かれています。

     

    海水浴は夏に限りますが、夏以外のシーズンではあまり人もおりすぎず、優しい波の音と自然の音だけが聞こえ癒しスポットになっています。

     

     

  • 女木島フォトギャラリー

    女木島でのほっこりした出来事、美しい自然などなど

    四季折々の写真を掲載しています。

  • お知らせコーナー

    最終更新日 平成28年2月1日(月)

    All Posts
    ×
  • 瀬戸内国際芸術祭 in 女木島

    瀬戸内海の島々で開催されている瀬戸内国際芸術祭

    女木島でもたくさんの作品が点在しております。

    女根 MECON

     

    大竹伸朗

    休校中の女木小学校の中庭にある作品です。

    中庭には、敷地に対して明らかに不釣り合いな大きさのブイと、女木島に自生していたヤシの木が直立し、その周囲には複雑に屈曲した木の根や熱帯植物が溢れるなど、作家が女木島の印象として感じとった植物の生命力と、それを象徴する“根”を主軸に、空間全体が作品となっています。
    作品名である〈女根/めこん〉には、女木島の“女”と、「生命力」の象徴としての“根っこ”、そして本作品が女木島の人々の憩いの場として島に“根付いていく”ことへの願いが込められています。

     

    屋内作品(鑑賞料510円)

     

    ベネッセアートサイト直島公式ウェブサイトhttp://yourwebsite.com

     

    撮影:osamu watanabe

     

    カモメの駐車場

    カモメ用駐車場

     

    木村崇人

    港にずらりと並んでいる約300羽のカモメ。風が吹くといっせいに方向を変えます。風の流れとカモメの群れの習性を視覚化した作品であり、作家がデザイン監修した防潮堤も2013年に出来上がり、その防波堤の上にもカモメがとまっています。

     

    屋外作品(鑑賞無料)

     

    撮影:中村脩

    MEGI HOUSE

     

    愛知県立芸術大学

    瀬戸内アートプロジェクトチーム

    愛知県立芸術大学の瀬戸内アートプロジェクトチームの作品であり表現の場でもあるMEGI HOUSE。ここでは、美術・音楽の両学部による展覧会やコンサートなどが頻繁に開催されています。

     

    屋内作品(鑑賞料300円)

    オニノコ瓦プロジェクト

     

    オニノコプロダクション

    香川県の伝統工芸品のひとつ、鬼瓦(讃岐装飾瓦)。この鬼瓦の制作に香川県内の中学生約3000人が挑み、鬼の洞窟のなかとその周辺に展示してあります。

     

     

    屋外作品

    (洞窟内の作品の為、入洞料500円必要)

     

     

    撮影:高橋公人

    段々の風

     

    杉浦康益

    昔、段々畑だった場所に、約400個もの陶のブロックを曲線を描くように設置された作品。

    小高いところにあるため、女木島の集落と瀬戸内海が一望できます。

     

    屋外作品(鑑賞料無料)

     

    撮影:高橋公人

    均衡

     

    行武治美

    昔、納屋として使われていたところを改修し、作品となっています。1万個以上の手作業で削り出したミラーガラスがはりめぐらされた空間は、外から差し込む光を透過、反射させ、風で揺れると幻想的な光に包まれます。

     

     

    屋内作品(鑑賞料300円)

     

    撮影:中村脩

    20世紀の回想

     

    禿鷹墳上

    帆船とグランドピアノが合体して構成されたインスタレーション。ピアノから音楽も流れ、記念撮影にも人気です。

     

    屋外作品(鑑賞無料)

     

    撮影:中村脩

    不在の存在

    カフェイアラ

     

    レアンドロ・エルリッヒ

    改装した空家に、作品2点を設置しています。誰も歩いていないのに音と足跡が現れる庭や、入ってみないとわからない不思議な仕掛けの体験型作品があります。喫煙室、図書室とカフェも併設されています。

     2016年度の芸術祭では「レストラン イアラ 女木島」がリニューアルオープンします。

     レストラン営業時間=11:00-16:00

     

    屋内作品(鑑賞料300円)

    ※カフェ利用の方は鑑賞料無料

     

    撮影:中村脩

    ISLAND THEATRE MEGI

    「女木島名画座」

    いまは使われていない倉庫を活用し、シアター仕立ての絵画と映像によるインスタレーションを発表。客席エリアではボックス席などの装飾を作者自らペインティングし、ロビーでは映画スターのプロマイドや絵画などを展示する。マンハッタンの古いシアターの記憶を凝縮する一作です。

     

    屋内作品(鑑賞料500円)

    feel feel BONSAI

    盆栽の過去と現在、未来を見せる展示を民家で実施。香川の盆栽の起源から盆栽黄金時代、そして盆栽の新しいイメージや未来像を探る。春・夏・秋の各会期で展示替えも行います。

     

    屋内作品(鑑賞料300円) 

     

    写真: Shintaro Miyawaki

  • おにの館について

    おにの館

    フェリーが発着する女木港のすぐそばにある施設です。

    船待合所、鬼の資料館の鬼の間、食堂の3つのゾーンに分かれています。

     

    待合所ではレンタサイクルの貸し出し、洞窟行きバスの切符販売、お土産の販売なども致しております。

     

    女木島の地図などもあり、総合案内所として運営していますので、女木島へお越しの際はまず、おにの館へお立ち寄りください。

     

    開館時間

    08:00~17:30

    年中無休

    TEL:087-873-0728

    鬼の間

    「鬼の間」とは、おにの館内にある鬼の博物館です。

    日本各地に伝わる鬼伝説の資料や祭事に使う鬼の面などを集めて展示しております。

    また、女木島に関する資料なども展示しております。

     

    「鬼の間」内には図書コーナーをもうけ、豊富な鬼に関する絵本なども読むことができます。

     

    また、大スクリーンで2年に一度の女木島の大祭の紹介映像や女木島が舞台となった映画も上映しております。

     

    入場無料

  • 館内食堂

    営業時間

     

    10:00~14:20

     

    ※定休日/火曜日

    座席数は70席程度で、団体の方々もご利用いただけます。テラス席もあり、食堂のすぐ横にはモアイ像が見えます。

    島の人たちも利用されています。

    ゆっくりと休憩できますので、お気軽にご利用ください。

    ◎期間限定◎

    女木島産 にし貝のおでん始めました!

                  メニュー

    • おでん定食    700円

        おでん3本

       ワカメうどん(小)、ごはん(小) 

     

    • 鬼うどん(小)  590円

    • 鬼うどん(大)  860円

     (写真は鬼うどん大、エビ天2本入り)

    • かけうどん        380円 

     (写真はかけうどん小、ワカメ、丸天入り)

    • きつねうどん    430円

    • カレーうどん   590円

    • カレーライス    650円

    • おでん      120円~

    • おにぎり(2個) 220円

    • オレンジジュース 300円

    • コーヒー 温・冷     350円

    • 抹茶カプチーノ  350円

    • 瓶ビール           550円

    • ワンカップ酒   300円

     

    ニシガイのおでん

    女木島の沖でとれたニシガイをおでんでいただく

  • 鬼ヶ島大洞窟行きバス

     

    鬼ヶ島観光自動車(株)

    TEL:087-873-0277

     

     

    ※冬期(12月1日~2月29日)は土、日、祝日のみ運行しています。

    運 賃

    大人(中学生以上) 片道/300円

     

    こども(5歳以上) 片道/150円

     

    幼児(5歳未満)2人以上で 片道/150円

     

          ※幼児1人の場合は無料です

    時刻表

     

    おにの館→洞窟 約8分

     

    洞窟行きバスは、高松からのフェリーの時刻にあわせて運行しております。

    バスをご利用の方は、フェリー下船後すぐに鬼の館内のバス切符売り場までお越し下さい。

  •  

    レンタサイクル

     

    貸出時間 8時20分~17時20分

     

    ※予約は受け付けておりません

     先着順の貸出となりますので、予めご了承ください。

     

    ※子供用、二人乗り用はありません。

     

    ※宿泊などで翌日まで貸出希望の方は係までご相談ください。

    電動自転車

    700円 /4時間  全25台

     

    鬼ヶ島大洞窟は山の上にありますので、行きは上り坂になります。

    電動自転車で約15分。

    洞窟の帰りの下り坂はスピードを落して、安全運転を

     心がけてください。

     

    島一周(約12キロ)するのも楽しいです。

    電動自転車で2時間くらいで回ることができます。

     島の景色を楽しみたい人は電動自転車がお勧め!!

     

     

    マウンテンバイク 

     

    600円/日  全5台

     

    18段ギア

     

    マウンテンバイクに慣れている方にお勧めです。

    初心者にはお勧めできません。

    ママチャリ

    300円/日  全5台

     

    3段ギア

     

    港周りの集落の平坦な道を散策したい方にお勧めです。

     

    釣りに来られた方にはこちらをお勧めします。

  • 鬼ヶ島限定お土産

    おにの館で販売中!!

    立体手袋 赤鬼青鬼

    1950円

    アーティスト高橋信雅氏が手がけた赤鬼と青鬼がペアでひとつになった手袋。

    ふわふわカワイイ!※子供用

     

    只今入荷待ちです

    sold out

     

    おにの子ストラップ

    540円

    女木島の鬼は幸せを呼ぶ鬼として、受験や必勝祈願などのお守りとしても人気です。

    女木島ズ Tシャツ

    2500円

    香川県立高松工芸高等学校出身のクリエイターを中心として結成された少数精鋭デザイン活動部隊「瀬ト内工芸ズ」がデザインした女木島Tシャツ。

    色は赤のみ。サイズS,M,L

     

    hakomoめおんCDセット

    1080円

    女木島と高松をつなぐフェリー「めおん」の段ボール素材でできたノリもハサミも必要なく組み立てられる工作キットです。

    中にはミュージックユニット「めおん」の代表作である「約束の島*約束の港」のCDがついています。

    女木島編せとちゃんバッジ

    女木島編せとちゃんバッジは、瀬戸内海の鬼ヶ島こと女木島の人たちに愛されているフェリー、 「めおん号」に乗ったせとちゃんです。

     

     

    せとうち暮らし

    Vol.6 ¥600

    三年に一度の夏の大祭の特集記事を掲載

  • アクセス

    高松港からフェリー(めおん)で約20分(片道370円)

    雌雄島海運☎087-821-7912

     

    おにの館 所在地:香川県高松市女木町15番地22

    電話番号:087-873-0728

  • キャンプ場

    女木島にはキャンプ場が全3箇所あります。

     

    各キャンプ場でそれぞれ設備や使用方法が異なりますので、下記案内をご確認ください。

    香川県女木島野営場HP

    香川県女木島野営場

    女木島野営場ホームページ

    http://megijimayaeijyou.strikingly.com/

     

    島の北側にあるキャンプ場

     

    女木島のキャンプ場内では最大の広さです。

    鬼の館から歩いて30分

     

    施設詳細

    ・簡易水洗トイレ ・水道 ・夜間照明

    ・ファイヤーサークル ・炊事場

    ・駐車可

     

    利用料金:無料

     

    ご利用の際は必ず、おにの館に寄っていただき、利用者カードの記入をお願いたします。

     

    お問い合わせ

    おにの館:087-873-0728

    松原キャンプ場

    島内キャンプ場の中でも一番海水浴場に近い(目の前)キャンプ場となります。

    バーベキューも可能です。

    おにの館から徒歩5分

     

    キャンプ・バーベキュー利用 一人200円/日

                     小学生 一人100円/日

    シャワー・更衣室利用    100円/回

     

    施設詳細

    ・水洗トイレ ・ シャワー ・更衣室 

    ・水道 ・駐車可

     

     バーベキューを行う方へ

    炭用コンロは数個用意しております。

    その他の網や炭、バーベキュー用品は持ち込みでお願いいたします。

     

     お問い合わせ

    女木老人クラブTEL:090-3152-2447(前田)

                               FAX:087-873-0552

        

    女木海浜公園

    海水浴場を過ぎたところにある公園です。

    おにの館から徒歩15分

     

    男木島、五剣山が見えるこの場所は意外と利用者が少なく、あえてここでキャンプをしに来る人もいる穴場スポットです。

     

    利用料金:無料

     

    施設詳細

    ・シャワー ・水洗トイレ

    ・水道 ・駐車可

     

    お問い合わせ

    おにの館:087-873-0728

  • ビジターバース

    自家用の船やヨットで来島さられる方は、フェリー乗り場よりすぐ東にありますビジターバースへ係留してください。

     

    ビジターバース

    プレジャーボート及びヨットが係留できる、高松市管理の有料係留施設です。

     

    利用される場合はおにの館まで手続きにお越しください。

     

    係船料 1720円 /回 /日

     

    ビジターバースがいっぱいの場合はご連絡ください。

     

    ※予約は受けておりません。

  • 女木島の情報

    女木地区コミュニティ協議会HP

    高松市女木町203-1

    TEL&FAX

    087-873-0101

     

    鬼ヶ島観光協会HP

    高松市女木町2633

    TEL 087-840-9055

    FAX 087-840-9056

    さぬき瀬戸しまネッ島HP